WIRES#015

概 要

 

WIRES#015は,宇宙に到達する実用機の打ち上げに向けて,前世代機から実証してきた,サブオービタル飛行技術を総合的に実証するための実験機です.

LOX/LNGエンジンによる推力飛行で高度6kmに到達した後,頂点付近で姿勢制御を行い,機体を高迎角姿勢へ遷移させます.そして目標地点に向けて滑空飛行をし,その後パラシュートとエアバックを用いた回収システムにより機体を回収します.

打ち上げは、ドイツのザクセン=アンハルト州マグデブルク近郊のマグデブルク空港付近,もしくはスウェーデンのキルナに位置するエスレンジロケット発射場で行う予定です.

機体諸元

WIRES#015の実証項目

航法誘導制御システム
  • 耐故障性フラッシュ型エアデータセンシングシステム
  • 複合航法による位置及び姿勢状態推定
  • DynDGAによるリアルタイム誘導
  • 適応制御あるいはDI (Dynamic Inversion) 理論による空力舵面と推力ベクトル制御
  • RCS (Reaction Control System) による姿勢制御
  • TVC (Thrust Vector Control) による姿勢制御
回収システム
  • 2段式パラシュートシステム
  • 新型エアバックシステム
複合材気蓄器
  • FW補強アルミライナー気蓄器
推進システム
  • 推力可変エキスパンダーサイクル液体メタンエンジン
  • 推進薬の供給システム

 

«